ブックカレッジ公式ライン@登録はこちら!

 

4つのスペシャル古本せどりマニュアル無料配布中!

友だち追加

 

 

こんにちは、SKです。

 

 

 

古本せどりは

低資金仕入れ(数百円で仕入れ)

高利益率(数千円で売れる)

 

 

 

 

初期投資も少なく、利益率が高い商材です。

資金が少ないうちから始められるので

再現性の高いせどりなのでお勧めです。

 

 

 

そんな古本せどりですが、

季節によって値上がりする商品もあります。

 

 

なかなか価格差が見つからなくても

 

オフシーズン(需要がない時期に仕入れて)

オンシーズン(需要が高くなった時点で売る)

 

 

という方法をとれば簡単に仕入れが出来てしまいます。

 

 

では今の季節に需要がある本とは?

 

 

 

それは

 

【学校で使う人向けの本】です。

 

 

【古本せどり】学校で使う人向けの本とは?

 

 

4月になると入学時期なので教科書の需要が上がります。

中古品でも読めれば良いという方が多いので、

 

 

Amazonで購入される方も沢山います。

 

 

 

今の時期、販売するにはうってつけの商材です。

 

 

 

 

 

 

そして4月というのは

卒業生=売る

入学性=買う

 

 

というトレンド時に仕入れの期待値も高くなる本です。

前日に棚になかったとしても卒業生が

必要なくなった本を売るというケースも多々あります。

 

 

 

 

是非ご紹介する例を参考に探してみてください。

 

 

 

 

【古本せどり】ランキングに注目

 

 

 

ご紹介する画面はモノレートの画像です。

 

 

 

モノレートにはAmazonでどれくらい売れているかというのを判断できます。

特に〇で囲んだランキングというところを確認してみてください。

 

 

ランキングの波形が波を打っているところは商品が売れたタイミングです。

4月に波が細かくなっていれば需要が伸びていると判断できます。

 

 

 

教科書

 

 

 

 

 

 

 

辞書

 

 

 

 

 

聖書

 

 

 

 

 

【古本せどり】学校向け本の仕入れ方

 

 

 

ブックオフなどでは参考書の棚に置かれている場合が多いです。

 

 

 

 

【古本せどり】トレンドの注意点

 

 

トレンドせどりをやる上での注意点が

需要が下がる前に売り切りるということです。

 

 

教科書は売れる【時期】が限定されるので、

モノレートのラインキングの波形を見ながら

 

 

売れている時期に合わせて仕入れをしましょう。

去年のデータを見て需要がある時期を確認して、

需要があるうちに売り切ってください。

 

トレンド商品の場合売り切れなかったら

次の年まで持ち越す可能性があります。

 

 

そうなってしまうと仕入れに使った

お金はマイナスのままになってしまうので、

 

しっかりと売り切る意識をつけましょう。

 

 

まとめ

 

中古商品を扱う上で季節によって需要が伸びる商品は狙い目です。

 

4月が教科書がトレンドの時期なので狙い目ですが

タイミングを間違えると売れ残るので

 

モノレートを確認して販売出来る日数を把握して

余裕を持って仕入れをしましょう。