ブックカレッジ公式ライン@登録はこちら!

 

 

4つのスペシャル古本せどりマニュアル無料配布中!

友だち追加

 

 

 

「よし!セット本せどりをやってみよう!」

と一大決心してブックオフへ行ったものの、

どのコーナーを見ればいいか分からない・・・

 

 

そんな迷える初心者セット本せどらーが

無駄なリサーチで貴重な時間を浪費しないように

今回はブックオフで最初にリサーチすべき場所をご説明します。

 

 

 

 

セット本せどり初心者がブックオフで最初に見るべき場所

 

 

セット本せどりを始めてみようとブックオフに行ったら、

まず最初に、どのコーナーを見るのが良いでしょう?

 

 

108円コーナーに行けば良いのは間違いないはず。

 

 

それなら、人気作品が所狭しと並んでいる、ココでしょうか?

 

 

確かに、少年ジャンプのコーナーは人気作品が多く、

利益が取れる商品も目白押しです。

 

 

ただ、1巻から最終巻まで並んでいる作品は少なく、

集め始めてはみたものの、

揃わないまま放置してしまうパターンに陥ることが多いです。

 

 

少年マガジン、少年サンデーのコーナーも同様。

 

 

少年コミック誌の人気作品は、

20巻、30巻、50巻以上と巻数が多いため、

初心者がいきなり手を出しても、揃わないことが多いんです。

 

 

では、青年コミックはというと、

こちらは作品の種類が多い割に玉石混交で、

慣れないうちはあっという間にイヤになります。

 

 

少女コミック108円で揃えても利益が出ないものが多く、

しかも背表紙に特徴がないため、やっぱりすぐにイヤになります。

 

ということで、初心者が最初に狙うべきは、ここ!

108円文庫コミック

 

 

このコーナーの作品は、少ない巻数で完結するものが多く、

1店にゴソッと置いてあることもしょっちゅうです。

 

 

また、文庫コミックになる作品は、

過去に人気があったものばかりですので、

回転も良く、すぐに売れていってくれるんです!

 

 

まずは、108円文庫コミックコーナーで、

仕入れ対象商品の探しかたをマスターし、

その後、少年コミックや青年コミックへと、

リサーチの範囲を広げていくのが、

挫折しないセット本せどりの進め方です。

 

 

それでは、

実際にブックオフの文庫コミックコーナーに行ったとして、

どのように仕入れ対象の作品を探せば良いのかを見ていきましょう。

 

 

 

文庫コミック仕入れ商品の探しかた

 

 

これは、とある福井のブックオフの

108円文庫コミックコーナーです。

(一部です)

 

 

この写真を見ただけでも、

かなりの作品が並んでいることが分かりますね。

 

 

闇雲に全部をモノレートで調べていくのは効率が悪いので、

まずは、

巻数が揃っているもの

に絞って調べていきましょう。

 

 

先ほどの棚の一部を拡大します。

 

 

赤枠で囲った作品が、そこそこ揃っていそうなのでモノレートを見てみます。

 

 

例えば、「BLACK CAT」なら、モノレートの検索窓に、

  • BLACK CAT 文庫 セット

と入力すると、このような結果が表示されます。

 

 

化粧ケース入り通常のものの2種類が表示されましたが、

どちらも12巻完結セットのようです。

 

 

このお店には8巻までしかなく、

しかも5巻が抜けている状態。

 

 

セット本せどりを始めたばかりのうちは、

最終巻が揃っていない作品には手を出さない方が無難です。

 

 

コミック全般に言えることですが、

最終巻に近づくほど発行部数は少なくなり、

手に入りにくくなるためです。

 

 

なので、「BLACK CAT」購入見送りです。

 

 

ちなみに「俺の空」も11巻完結ですので、

同様の理由で見送りです。

 

 

次に、「天地を喰らう」を見てみましょう。

 

 

モノレートで検索してみると、

4巻完結の作品だと分かります。

 

 

2~4巻まで並んでいますから、

あとは1巻だけ見つければセット商品として出品できますね。

 

 

次に、モノレートの波形を確認します。

 

 

出品者数が平均20人前後、

3ヶ月で9回売れています。

 

 

あとは、競合次第で仕入れるかどうか判断します。

(スマホ版は画面が分かれるのでPCのキャプチャを掲載します)

 

 

FBA出品者の中から同コンディション(「良い」と仮定します)の

最低価格を確認すると1,177円でした。

 

 

FBA手数料を差し引くと、

アマゾンからの入金額は758円

 

 

さらに、

商品仕入れ代金432円を引くと326円ですので、

1冊108円で仕入れたのでは、あまり利益が残りませんね。

 

 

セールで安く買えるのであれば、仕入れてみても良いでしょう。

 

 

もう1つ「ツタンカーメン」を見てみると、

こちらは全3巻完結セットのうち1巻だけが足りない状態。

 

 

ただ、売れ行きが良くないため、仕入れ対象外とします。

 

 

基本的な仕入れ判断は、このような流れになります。

 

 

108円文庫コミック全ての棚を、

同様にチェックしていってください。

 

 

文庫コミックをリサーチしても余力があれば

 

 

文庫コミックをひと通りチェックして、

「まだ、物足りないなー」と感じたら、

次はこちらを調べてみてください。

108円ワイド版・完全版コミック

 

 

調べかたは、108円文庫コミックコーナーと同じです。

 

 

ただ、完全版コミックコーナーは文庫コミックコーナーと比べると、

細長い本がぎゅうぎゅうに詰まっていて、かなり見づらいです。

 

 

なので、名前を聞いたことがある作品、

作者さんに絞って調べるようにしましょう。

 

 

慣れないうちはワイドコミックコーナーだけ、

時間をかけずにチェックする程度でOKです。

 

 

 

まとめ

 

 

セット本せどりを始めるとき、ブックオフに行って、

どのコーナーを最初にチェックするべきかをお伝えしました。

 

 

また、仕入れ対象とするかどうかの判断方法についても、

ご理解いただけたかと思います。

 

 

「最初は、文庫コミックから」というのは、

  • 人気作品が多く、商品の回転が良い

ことが大きな理由です。

 

 

108円文庫コミックコーナーでリサーチの基本を身に着けたら、

次のステップとして108円少年コミックコーナーに進んでください。

(ジャンプがオススメ)

 

 

何も分からないまま少年コミックの棚の前に立つのと、

基本を覚えた状態で立つのとでは、リサーチの効率が全く違いますので。

 

 

1歩1歩、着実に進めていきましょうね。