ブックカレッジ公式ライン@登録はこちら!

 

 

 

どうも!

 

 

SKです。

 

 

しばらく更新が止まって

しまってすみません。

 

 

しかし、暑いですね!

熱中症には気を付けて

頑張っていきたいところですが、

 

 

今回お話したいのは

中古せどりの弱点に関してです。

 

 

中古せどりの弱点とは

 

 

 

 

 

中古せどりやってて困るのって

 

 

 

同じ商品を一気に大量に

仕入れることが出来ない

 

 

こんな難点がありますよね。

 

 

それによって心配になるのが

【仕入れの安定化】です。

 

 

安定して仕入れをすることが

できなければ

 

 

安定した

売り上げは見込めない

 

 

 

これは何となくわかると思います。

 

 

 

 

では安定させるにはどうしたら

いいか?

 

 

安定した売り上げを上げるために

 

 

その答えは

なるべく全部の棚を見る

ということになります。

 

 

古本せどりの場合

通常仕入れに行くのは

 

 

ブックオフになると思いますが、

 

 

 

 

単純にブックオフと言えど

お店によって癖が違ってきます。

 

値付けや商品回転も

ありますが、

 

 

例えば

周辺に住む住人の読む本

 

近くに大きな学校があって

学生さんが多ければ

 

 

参考書や辞書など

勉強のための本が

充実してきます。

 

 

そしてブックオフに売りに来る

人も様々です。

 

 

今日は〇〇のコーナーの

補充が沢山あったけど

 

 

昨日は〇〇のコーナーの

補充が熱かった

 

 

得意な棚があったとしても

一つの棚を見ていると

 

 

 

どうしても

取りこぼしてしまうことも

あると思います。

 

 

家からお店

お店からお店

 

移動時間に使っている時間も

時給に含まれます

 

 

 

 

 

時給を上げるためにも

なるべく多くの棚を見て

多妻な商品を見ていくといいですね。

 

 

 

 

そうすることによって

今まで辛い店だと思っていた

お店も実は甘い店だった

 

 

なんて認識に変わるかも

しれません。

 

 

いきなりは無理なので

 

とは言え古本せどりは膨大な

商品の中から商品を探していきます。

 

棚を前にしてやる気をなくして

しまうのもよくないので

 

 

少しずついつも見ている棚とは

違う棚を見ていくといいですね。

 

 

この間ブックオフに行ったので

そこでの様子などを記事にしてみました。

 

こちら

2018年最新のブックオフせどり

 

まだまだ利益商品は残っているので

頑張っていきたいですね^^

 

 

 

 

ノウハウのヒミツを
日々暴露しまくってる
BOOKカレッジライン@にぜひ登録してくださいね!

↓↓↓

 

 

 

 

応援クリックお願いします!

↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ 転売へ
にほんブログ村