ブックカレッジ公式ライン@登録はこちら!

 

 

4つのスペシャル古本せどりマニュアル無料配布中!

友だち追加

 

 

こんにちは、スケメです。

今日は、カレンダー仕入れに関してご紹介していきます。

カレンダーは年が明けるとネットや店舗で投げ売りされます。

そこを狙ってササッと売りさばきましょう!

 

というお話です。

 

カレンダーの特徴

 

 

カレンダーはその年の秋ごろから販売され、年末になるにつれて

売れ行きが良くなります。

その中で需要と供給のバランスが崩れるとAmazon在庫切れになり、

プレミアム価格(プレ値)になります。

年内のうちはそういうプレ値の商品をリサーチして仕入れる

といった販売者がほとんどだと思います。

 

でも、こう思っている人いませんか?

カレンダーって、もう年も明けたし仕入れたってしょうがないよ!

って思ってるあなた・・・

もったいないですよ!!

 

 

人気女優、人気俳優、アニメのカレンダーなんかは

春や夏、冬になっても売れたり、

昨年のカレンダーでも売れるモノもあります。

 

それは、カレンダーというものは限定品です。

 

その年にしか発売されないので、人気のあるカレンダーは

希少価値が増してどんどんプレ値の傾向になります。

高値でも欲しいという人が一定数いますので売れるわけです。

 

 

店舗仕入れをしている方はわかると思いますが、

カレンダーってお正月を過ぎたあたりから、

20%offとか50%offとかやってませんか?

それを仕入れてAmazonで売って下さい。

 

それで終わりかよ???

そんなの誰でも知ってるよ!怒
すいません、怒るのも当然です。

そんな、だれでも知ってる事を伝えたかったわけじゃなくて。
先ほどのノウハウだと店舗に行けないせどらーは

仕入れができませんね。

店舗に行けない人は電脳で仕入れてください。

 

スケメは2月~3月上旬にかけてカレンダーだけで、

仕入れ値8200円に対して、利益17240円を出すことができました。

仕入れ点数は82点です。

利益少ないですか?意外とそうでもないんですよ。

 

 

しかも、みんながスルーするAmazonがいる商品も仕入れ対象です。

その秘密を皆さんにお知らせしたかったのです。

次の章では実際に仕入れたものを数点紹介しますね。

 

 

仕入れたもの

 

 

仕入れ値100円×18個=1800円 FBA

売値960円×1  利益467円

780円×1  利益314円

732円×1  利益273円

680円×2  利益458円

650円×3  利益609円

600円×10 利益1610円

 

利益3731円-仕入れ値1800円=1931円

これはAmazon在庫有りの商品で、全て定価以下で売りました。

このカレンダー1つで1931円の利益

 

 

 

仕入れ値100円×20個 2000円FBA

売値800円×2 利益486円

690円×18 利益4482円

利益4968円-仕入れ値2000円=2968円

これはAmazon在庫なしで全て定価以下で売りました。

 

このカレンダー1つで2968円の利益

 

 

仕入れ値100円×1個 100FBA

売値1400円×1 利益750

利益750円-仕入れ値100円=650

これはAmazon在庫なしで定価以上で売ることができた商品です。

他にも多数仕入れて全部で82

仕入れ値8200円
売上額25440円
利益17240円

どうしてみんながスルーするAmazon在庫有りも
仕入対象かわかりましたか?

次の章で説明します。

 

Amazon在庫有を仕入対象にした理由

 

分かった方もいると思いますが、仕入れ値に注目して下さい。

全て100円仕入れなんです。

もう一つ仕入れするときにチェックしたのは、

人気商品だけを仕入れるということ。

 

 

Amazonよりも安い金額で出品すると、Amazonも

その金額に付いてきますが、人気商品であれば、

Amazonが付いてくる前に売れていきます。

そしてまたAmazonが自分よりも安くして来たら

また自分もAmazonより少し安く売る。

これを繰り返すだけです。

 

 

確かにだんだん価格が落ちて利益は減りますが、

仕入れ値が100円ですから、多少価格が落ちてもプラスになりますよね。

 

仕入れした時期が1月下旬、FBAに納品して出品したのが
2月の始めからでした。
仕入れたカレンダーを売り切ったのが3月の上旬

約1ケ月間の間で82点をすべて売りさばきました。

しかも、すべてプラス利益です。

 

 

 

1つ1つの利益は少ないですが、人気商品なのでバンバン売れて行きます。

注意点


価格設定は毎日して下さい。

手動で価格設定をした方が一番確実ですが、面倒な方は

ツールに設定しても良いと思います。

そこは各自の責任でお願いします。

 

 

余談ですが、先ほど紹介した商品のモノレートを

もう一度見てください。

3つとも出品者が減ってきた時期にプレ値になっていますね。

 

 

 

プレ値になってても売れています。

資金に余裕のある方は、プレ値になるまで寝かす

という方法もあるということです。

 

 

これは結果論ですので、必ずプレ値になるということは

補償できませんが、

人気があって需要がある商品を仕入れれば、

いづれAmazon在庫切れを起こし、プレ値になる

確率は高いと言えるでしょう。